フォトアルバム

ふろっぐさんのブログパーツ

  • ふろっぐさんのつぶやき。
  • FINLAND
  • ふろっぐさんのBGM
  • Flag Counter
    free counters

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

2013年ふろっぐさん、knockさんとフィンランド&ロシアへ行く。 Feed

2013年8月20日 (火)

8/19 ヘルシンキ最終日

楽しかった旅行も今日で最終日ですcrying
昨日は今まで初めての絶不調で寝込んでしまったので、荷作りもできてなくて早朝から荷造りupup
今回は戦利品が少なかったので朝から包んで間に合いましたsweat01sweat01
でも楽しみにしてたCafé Ekbergでの朝食はあきらめました・・・crying
そのためにわざわざ朝食ぬきでホテル手配したのに・・・crying
 
タクシーで郵便局に行き荷物を出荷!2箱できれいに収まりました!

そしてEatJoy MAATILATORIへ。

Rimg1432 

オーガニック人気のフィンランドで注目のお店です。
開店直後だったので商品もまばらでしたが、気になるeye商品がいっぱい!
ジュースやはちみつとかシャンプーとか欲しかったんですがどれも重すぎて持って帰れないので
泣く泣くドライフルーツやチョコドリンクなどをお土産に。

バスに乗る前にPicnicでブランチ。暖かいミネストローネが胃にやさしいです。

Rimg1433 

Kamppiからバスに乗って郊外のディーラーさんのお店へ。

Rimg1436


お店といっても倉庫みたいなとこでお兄さんとやりとりしながら選びました。
あまりにも商品数が多いので見るのに時間がかかり、帰りのバスの時間が・・・・
たくさん買ってもまた荷造りしないといけないので、finelの鍋とカステヘルミのデットストックのグリーンのボウルのセットをゲット!
カステヘルミ並に好きなブルーコスモスはケーキ皿がありましたが、状態がよくなかったのであきらめました・・・sad
ブルーコスモス欲しいなぁ・・・・sad

Rimg1441
 
さてまた郵便局に戻りカステヘルミを頑丈に包んで、お鍋の中に入れて出荷!
日本まで無事に到着してくれぇぇ~bearing

そしてヴァンター空港へ
やはり夏休みとあってハブ空港でも有名なヴァンター空港。

Rimg1448
空港内は日本人もたくさん!マリメッコやムーミンショップも人気ですhappy02

私もマリメッコで新作のLettuショルダーバッグを購入!かわいいですlovely

Rimg1450



搭乗口に着くとお決まりの「Lapin」でヘルシンキとお別れの乾杯です。

「さよーならぁーーーー!cryingヘルシンキーーーーッ!cryingまた来年っ!crying

Rimg1454

Rimg1452 
飛行機に乗るとプレオーダーしていたマリメッコ×フィンエアーの食器や飛行機の模型が座席に!happy02
売り切れが続いていたんですよと事前にCAさんに言われていたので、私の大量の購入が全て揃っててよかったです!happy02

Rimg1472

安心したらひたすら爆睡です!!!sleepysleepy

Rimg1467

Rimg1466
 Rimg1470

無事日本に到着しました!

アッヅッイィィィィィィィィーーーーーーーーー!!wobblysweat01sweat01sweat01

暑すぎです!!!wobblywobblywobblywobbly
 
あぁぁぁ・・・sweat02一気に関空で全身汗だくになってしまいました・・・・sweat02

Rimg1473

Rimg1474

このまま会社へ直行して夜まで働きますcrying
また来年も行くぞ!happy02

2013年8月18日 (日)

8/18 タリンへ行く。

朝一7:30発のシリヤラインでエストニアのタリンへ!
旧ソ連でここ最近バルト三国ということで人気がでてきています。
約2時間の船の旅です。

Rimg1257

タリンはヘルシンキに比べて物価が安いのでわざわざこの船に乗ってヘルシンキの人
は空のスーツケースを持って買出しにやってきます。
特にお酒がめっちゃ安いそうです。
なのでたくさんの人が乗ってきます。
もちろん日本人はほとんど見かけません。
とりあえず席を確保したら、ひたすら爆睡です。

Rimg1262

あっという間にタリン到着です!
ヘルシンキは曇りで肌寒かったんですが、タリンは晴れてて暑いっ!
体がおかしくなります・・・・

Rimg1277

早速港からタクシーで市場へ行ってアンティーク探しです。
タクシーから見える町並みは大きな建物もなく、どこかレトロな雰囲気の街で高いマ
ンションとかなく、
旧ソ連ですが、サンクトにもモスクワにもそしてヘルシンキにもない町並みです。
きっと(まだ行ったことがないけど)東欧系なんでしょうね。
いい味だしてます。

Rimg1289
市場に到着し奥へ奥へ。
やはり発見しました!!!
ミーシャグッズ!!!
あるわ!あるわ!

Rimg1290

早速おじさんとめちゃくちゃ英語で交渉です。
おじさんも日本人が珍しくいろんなものを丁寧に紹介してくれます。
陶器のミーシャの置物はたくさん持ってますが、箱入りのソフトビニールのミーシャ
を発見。

Rimg1293
箱入りといってもやはり経年のため、ちょっとぼろいですがこの箱が気に入りまし
た!
そしてミーシャと一緒にモスクワオリンピックの際にレガッタ競技が行われたエスト
ニア・タリンのマスコット、
あざらしの「ヴィグリ」も発見!
これはタリンならではの掘り出し物です。
おじさんはなぜかミーシャ一つの値段よりヴィグリと一緒に買う方
が安いという、
訳のわからない価格設定で・・・もちろん即決です!
タリンの思い出に「ヴィグリ」ゲットです!

そしてお店は連なっていて、ピンバッチもウジャウジャ、ミーシャもウジャウジャで
す。
(でも価格は例のベルリンの蚤の市の超激安価格を下回っていませんが・・・)
やはり旧ソ連!ミーシャのグラスとかも豊富にあります。


 
また私は旧ソ連・共産系の国に行くと必ず置時計を探します!
「Made in USSR」惹かれます!!!

「ジリリリ・・・・」ともう日本では見かけることない秒針の音と手巻きの時計を数個ゲット!


今回はソ連からロケットが地球をグルリと回っている置物を発見!
これはソ連の宇宙開発の栄華を誇る置物!!!
値段も聞かずに買ってしまいました。

もう興奮冷めやらず買い物をしていると、お店のおじさんがあっちにいい店あるから
行っておいで。と
建物奥にあるお店を紹介してくれました。

Rimg1297
最初は日本からカモが来たぞとお店を紹介してくれたのかな・・・と疑心暗鬼になっ
て行ってみると
優しいおばさんが「たくさんあるから見てって!なんでも言ってね!」と
色々ミーシャグッズ探してくれて、一つ一つ丁寧に説明してくれたり、少々壊れてい
るものはくれたりといいお店でした。

Rimg1300
疑ってごめんよぉ〜
 私的にはミーシャのポストカードがええ具合にレトロになっててお気に入りです。

これまたknockさんきっと興奮する市場だと確信しました。


そしてまた市場へ。
少し中心地から外れた市場でここは食品のみです。
でもすごく地元の方の生活が見れて楽しかったです。

Rimg1325



で、トラムを何度も何度も乗ったんですが、毎回色々な国行くと乗り方にとまどいま
す。

Rimg1316
タリンのトラムは運転席にこういう引き出しがあってお金を入れて、パタンと閉めま
す。

Rimg1319
そうすると運転手さんがおつりとチケットを返してくれます。
無賃乗車もできそうな感じなんですが、ここは日本人の恥!ちゃんと前まで行ってお
金を払います。
でも後ろから飛び乗って、前にお金を払おうと思ったら駅に到着しそうで何度も焦っ
てしまいました。
鉄子の私にはいろんな電車に乗るのは本当楽しいですな!


そして「魔女の宅急便」のモデルになったと言われる旧市街へ

「ふとっちょマルガリータ」がお出迎え。

Rimg1331

Rimg1404

ここが「セーターの壁」 

おばあさんが手袋やニット製品をたーくさん並べて売ってます。

どれもこれもとってもかわいい柄ばかり!!!

Rimg1335
小さくてかわいらしいお店が並んでます。

お昼は雑誌で見て行きたかった「von krahl」へ
人気のお店なので予約ベターと聞いてましたが、ラッキーにもテラス席が一つ空いて
ました!!!
日焼けしそうなんですが、やっぱり日差しを浴びてエストニアのビールで乾杯で
す!!!

Rimg1354

↓金髪のウエイトレスさんがこれまためっちゃキレイな人!!!

Rimg1350

うみゃーーーい!!!

街歩く人にマジマジ見られてますが、ガッツリビール飲んでます!!!

Rimg1353
エストニアビーフのステーキをいただきました。
タスマニアビーフ(字づらが似ている・・)は知ってますが、エストニアビーフっ
て・・・と思いつつ
ミディアムレアのステーキがっつきました。

うみゃ!うみゃ!

今回の旅行は軽食チックなものばかりだったので、胃が驚きました!(のちに気づ
く・・・)

Rimg1360

Rimg1370
Rimg1375

気分もよくなり街をブラブラ・・・
丘の方に登って街を一望!
気持ちいいです。

KGBcafe」だと!?

気になる気になる!!でも夜しかあいてなさそう・・・

でも女子が入れる店なのかな???怪しげだ・・・

でも気になる!次回絶対行こう!!!

Rimg1399

タリンの街はみんな言うように一日で十分回れます。
旧市街も1周してしまって、船の時間にはまだあります。

Rimg1402
ふろっぐさん (豚やけど)「タリンのミル姐さんけ?」


ショッピングセンターに入ると本屋さんがあって、隅っこに籐のブランコが・・・
座るや否や睡魔が・・・・
1時間ほど寝てしまいました・・・・

Rimg1417

ちょうどいい時間になり歩いて船着場へ

Rimg1426
帰りは「リンダライン」です。
事前情報でかなり揺れるので船酔いに要注意と聞いてたので薬も飲んで乗り込んだん
ですが、
ヘルシンキ到着直前にだんだん気分が悪くなってきた・・・・

やっぱり昼間のビールと肉で胃が追いつかなかったかぁ・・・・・

ヤバイ・・・・ウゲゲ・・・
 
今日はヘルシンキ最後の夜だからどうしても行きたかったバールがぁ・・・・涙
そして荷物の梱包もぉ・・・・・涙

と思いながら着いた途端タクシーに乗って即効ホテルへ・・・・

まぁなんとか最悪の事態は避けられたもののそのまま倒れこむようにベッドへ・・・・

2013年8月17日 (土)

8/17 空振りそしてビール三昧

午後からバスに乗ってヘルシンキ郊外のセコハン巡りへ。

Rimg1156_2

レンタカーともお別れしバスに乗車!

予定通りのバスに乗れました!

バスに揺られて30分ほど住宅街のバス停に到着!

雨がポツリポツリと降ってきました・・・・

よりによってレインコートを忘れて小さなハンカチを頭にのせてお店へ・・・

そして道に迷ってしまい、誰も歩いていないし、こんな小さなセコハン見つけられないかと

あきらめてたところ、おじさんと子供が歩いてたので聞いたら「ついておいで!」と。

はぁ~助かったぁ・・・・でも雨はポツリポツリから小雨へ。

暑がりの私もかなり冷えて寒くなってきた・・・・

しばらく歩いておじさんはお店の前で指差してくれた。

ありがとうしか言えない私の語学力につくづく嫌になりますな。

本当フィンランドの人って少々無愛想だけど優しい。フィンランドで嫌な思いをしたことない。

 

セコハンに行ったが結構広い店だけど残念ながら食器が少なくて戦利品は見つからなかった。

閉店間際ということもあり、もっとゆっくり見れたらよかった・・・・

古本とか多くてその系が好きな人にはいいお店だった。

Rimg1159_2

Rimg1157_2

 

雨は全然止まず、ベチョベチョのハンカチを頭にのせてまたバス停へ。

帰りはすぐバス停に戻れて、行きはかなり遠回りしていたことに気づいた。

迷子あるあるだから仕方ない。

 

1本早いバスで帰れたのでいつも行くセコハンへ

これもタッチの差で閉店していた・・・・土曜日はどこも早くに閉店・・・・トホホ

雨がまたポツリポツリになり、当初予定していたリンナンマキ遊園地はあきらめた・・・

今日は本当ツイてない・・・・

Img_20130817_155459_2

 

今度はロケ地巡り。

earth music&ecologyの宮崎あおいのCMに出てくるロケ地へ。

Images_2

Img_20130817_160626_2

Rimg1176_2 

 

そして過去のない男の「十字軍マーケット」へ

Img_20130817_160805_2

 

 campiに戻りこんなに何度もヘルシンキに行ってるのに、あまりcampiを知らないのでウロウロ・・・

そしてこの広場にある大きな木の建物・・・「カンピ静寂の礼拝堂」へ

フィンランドの建築物は本当に美しい建物が多いです。

Rimg1179_2

Rimg1189_2

ふろっぐさん「ヘルシンキのビリケンけ?」

 

ふと「KOFFcar」を思い出し乗り場まで歩いてみた。

以前knockさんと乗ったけど、今はかなり人気乗場に着いたら大行列!!!!

「運転手さんから1時間後に来てね」と。

Img_20130817_175040_2

どうしようかなぁと思いながら結局港までプラプラ歩いて時間をつぶした。

うーん、お気に入りの「サーモンスープ」の屋台も閉店してるし、今日はどこも空振り・・・・

Rimg1218_2

  

1時間経ち「KOFFcar」へ。

すぐ満席になり1時間ビールを飲みながらヘルシンキ1周の旅を楽しむ。

この町並みは本当に落ち着く・・・

はぁ「住みたいなぁ・・・」とウットリ・・・

Img_20130817_185416_2

Rimg1223_2

Rimg1225_2

1周し「KOFFcar」を降りて今度はカウリスマキ兄弟が経営している「モスクワバー」へ。

店内はロシアのあのさびれた雰囲気が漂い、ママもいい味だしている。

ここでもビールを飲み、完全に私はアル中女が一人バーの片隅で飲んだくれ状態である。

BGMもイスケルマ?っぽくてカウリスマキの映画の世界である。

きっとknockさんは感動する店だと思った。

Rimg1239_2

Img_20130817_203856_2

 

結構いい気分で地下鉄に乗ってホテルに戻って爆睡!!

Rimg1247_2

 

 

 

 

 

 

8/17 蚤の市へ

ホテルを出てヘルシンキ郊外の蚤の市へ。

8/17 蚤の市へ

8/17 蚤の市へ

朝露が車につくほどの寒さcoldsweats02です。また雲行きも怪しいです。どうか降らないでく
れーーbearingと願いながら
まだ慣れないレンタカーrvcardashへ。
田舎道を走りますが地元民はめちゃくちゃ飛ばすので、バックミラーを見ながら車が
来ると先に行かせて運転coldsweats02です。
こんなとこで事故りたくはなーい!!coldsweats02

車の操作やナビの性格にもそろそろ慣れてきて、お気に入りのヘルシンキ郊外の蚤の
市に到着。
でも毎年行ってますがどんどん高くなって品数も少なくなってますthink

ここは絶対車でないと行けないので日本人は見かけることはありません。

なので皆珍しそうに見てeyeきます。

今回は一番大好きな「カステヘルミ」シリーズ(フィンランド語で「しずく」という意味)を豊富に見つけましたlovely

Kastehelmi

アフタヌーンティセットになるケーキ皿やデッドストックのカップ&ソーサーも
本当に皆親切な方ばかりで私の無茶な値引きにも「日本から来たんだもんね・・・仕
方ないわね」と 笑顔で対応してくれますhappy01

8/17 蚤の市へ

8/17 蚤の市へ

8/17 蚤の市へ

8/17 蚤の市へ

戦利品の数は少なかったですが、安くていいものscissorsを見つけることができました。

一旦車を返してまたヘルシンキ郊外のセコハンへ行くので、そんなに長居できませ
ん。

もう車の運転には慣れてヘルシンキに戻りますrvcardash

ヘルシンキに戻ってレンタカーを返却するホテルに行きますが、その前にガソリンを
入れないといけません。
以前はガソリンの入れ方がわからないとレンタカー屋に泣きついてガソリンを入れず
に強制返却しましたが、
さすがに毎回こんなことをしてたらダメだと返却するホテルのガソリンスタンドへ。

しかしそこのガソリンスタンドがチップ付のカードしか受け付けてくれず、現金で入
れられるガソリンスタンドへ。
遠くに看板は見えているものの道順がわからず何度も同じところを走る始末。
ナビも住所検索しか設定方法がわかりにくく、ナビをいじるよりとりあえず走ってみ
たらこんなことに・・・・crying
ガソリンの入れ方は難しくないが、日本の様に自動で満タンで止まらないのだ。
「何リットル入れるか?」という方法でしかなく、燃費をちゃんと計算しないとガソ
リンがあふれたり、逆に少なすぎということもありえるのだcrying

一か八かで入れた量はバッチリでなんとかFULLに。そして返却場所のホテルへ。私も
まさかガソリンで手間取るとは思わなかったが、返却時間がかなりせまってきた!
当初ホテルはとてもわかりやすい所にあるので大丈夫だとタカをくくって、ナビに頼
らずに走っていると、ホテルは近くまで見えているのに前まで行く道が見当たらな
い!!!!!cryingsweat01

何度も何度も同じ道を行ったり来たり・・・・しまいにはもう道を覚えてしまっ
た・・・・crying
それでもやっとギリギリにホテルに着き返却完了!!!sweat01sweat01
もう写真どころではない・・・

レンタカーには毎回ヒヤヒヤさせられる・・・・sad

8/17 蚤の市へ

2013年8月16日 (金)

8/16 再びヘルシンキへ

赤の広場でknockさんとお別れし一人でホテルまで戻ります。
よりによって30度越す暑さ・・・
あのスーツケースをまた地下鉄の階段で運ぶのは疲れます・・・
一瞬タクシーで・・・と思いましたが、いやいや無駄使いは・・・と、
お別れしてから早々に地下鉄に乗ってホテルに戻りました。
ホテルのお土産屋さんでチェブやらゲーナをゲットして日本に連れて帰りました。

もう何度も往復した地下鉄とホテルの道。
最初に来た時とは違って、一番早くて階段の少ない道がわかります!

でも地下鉄の中はやはり階段・・・

毎日どんどん重くなっていくスーツケース・・・・
今回結局要らないものを入れてて、肝心なものを忘れていたグダグダのスーツケー
ス。

それでもなんとか乗換駅でゼーゼー言いながら休みつつもBelorussky駅へ。

8/16 再びヘルシンキへ

だいぶ余裕を持って行ったものの予定していた1本前のAero Expressに飛び乗る始
末。
そして車内は大混雑!!!!
もちろん満席で通路は人・スーツケース・人・スーツケース・・・・
私もドアのそばでスーツケースを陣取ってスーツケースの上に座ってSheremetyevo
International Airportへ
35分で着きますが、その大混雑と暑さで2時間ぐらいに感じます。
もちろん車掌さんも到達できず途中で引き返す始末。

8/16 再びヘルシンキへ

そしてSheremetyevo International Airportへ!

8/16 再びヘルシンキへ

こうしてモスクワともお別れです。
かなり短い滞在でした・・また機会があればリベンジしたいです。

相変わらずロシアの空港は荷物のセキュリティが厳しいです。
出国するんだからいいだろうって思うですが・・・
出国審査ももちろん無愛想なロシアの女性・・・この無愛想なロシアの女性もお別れ
かと思うと寂しいもんです。

チェブ達ともお別れです。「さようなら〜チェブ〜」

8/16 再びヘルシンキへ

AY0156 20:10発 Helsinki行きに乗ってまたフィンランドに戻ります。
どんどんアウェーからホーム戻るこの感じ・・・・

8/16 再びヘルシンキへ

8/16 再びヘルシンキへ

Helsinki Vantaa airport到着です。

8/16 再びヘルシンキへ

早速売店で今日の晩御飯やら色々買い込みレンタカー屋へ。

8/16 再びヘルシンキへ

格安でATで1日10000円でレンタルしましたが、ベンツのミニとはいえ本当に小さいで
す・・・・
天井が高かったので救いでしたが、トランクがほとんどなく私のデカいスーツケース
が乗らない!!!!
仕方なく助手席に無理やりのせてもシートベルトがかからず、曲がる旅にスーツケー
スが私のところに襲い掛かってきます。

やはり海外の車の運転はめちゃくちゃ緊張します。
相変わらずウインカーが逆、もちろん道路も逆。
そしてATだけどクラッチがないだけで、1→2→3とギアチェンジするタイプと発
覚・・・
21:00で薄暗いとはいえ、ホテルまでの道がナビの癖があって曲がるタイミングやア
ナウンスに慣れるのに時間がかかるわで。
15分ほどで着くのが結局駐車場が満車とかで手間取りホテルに着くのに1時間かかっ
てしまいました・・・
もうヘロヘロになって無事、ホテル「Cumulus Airport」に到着です。

8/16 再びヘルシンキへ

着いたらそのままシャワーを浴びてキンキンに冷したビールとスモークサーモンで今
夜の晩御飯です。

8/16 再びヘルシンキへ

明日は早く起きてお気に入りの郊外の蚤の市に行ってきます!

8/16 再びヘルシンキへ

8/16モスクワを旅する①

さて今日はクレムリン・赤の広場へ行きます。

武器庫とダイヤモンド庫に行くのが目的でもあります。
ここもチケットの入手方法の情報がいろいろあってとりあえず早めに出発して荷物を
クロークに預けておきます。
武器庫のチケットをゲットするために30分以上前には到着!
すでにチケット売場にはチラホラ人が・・・eye
まだチケット売場に来てもクレムリンのチケットと武器庫のチケットが買えるのかと
かとくわかりません。
案内の看板も適当ですsad

8/16モスクワを旅する①

そして無事、時間になり武器庫のチケットをゲット!!!!happy02
でもダイヤモンド庫のチケットはどうやら武器庫のところで購入です。

8/16モスクワを旅する①

まぁ第一目標の武器庫が見られるとあって一安心sweat02
そして武器庫に向かって並びます。
とにかくロシアのこういうチケットの入手方法が効率悪いっっ!!!!!pout
何度もチケットを買って並びなおさないといけないことが多く本当に面倒臭いで
す!!!!
もちろんロシア人もよくわかってないのでこれはどうしようもないです。トホ
ホ・・・・crying

武器庫に入る前には入国審査並みのセキュリティチェックがあります。
荷物の多そうな若い男性とかはボディチェックもあって、荷物もかなり念入りに見ら
れますwobbly

8/16モスクワを旅する①

8/16モスクワを旅する①

8/16モスクワを旅する①

ようやく武器庫に行くとダイヤモンド庫へのチケット売場が・・・
でもダイヤモンド庫にはクロークに預けないといけませんが武器庫前のクロークでは
一切預かってくれません。
もうどうなってんねん!!!!!次ダイヤモンド庫行こうと思ったらまら武器庫の入
口まで戻らないといけません!!
もう訳がわかりませんgawkgawk

武器庫の説明は日本人ツアーに一緒にまぎれて要所要所を盗み聞き・・・sweat02sweat02

武器庫と言う名前ですがゴツイものではなく、金銀財宝のオンパレードです!!!
武器にも宝飾品が埋められている始末。
もしロシアの財政が苦しくなったらこの財宝達を売ればなんとかなるほどの価値があ
るそうです。
そりゃ念入りなセキュリティチェックするわな・・・wobbly
残念ながら写真撮影ができなんですが、一見eyeの価値ありです。

ダイヤモンド庫に行こうと思いましたが荷物の件や残り時間のこともあり、泣く泣く
断念。
そしてクレムリンに入ろうと思ったら武器庫のチケットでは入場できないとのこと。
結局クレムリンにも入れずちょっと消化不良のクレムリンでした。
相変わらず現地ツアーで行かないといけないなぁと思いました。

8/16モスクワを旅する①

そして赤の広場へ。

ここはニュースでもよく登場する有名な広場です。

8/16モスクワを旅する①

ふろっぐさん「なんだ?なんだ?annoy

(ちなみにこれはかわいい着ぐるみがたくさん入口にいてるのでつい一緒に写真を撮りそうになりますが、お金とられますのでご用心を・・・・観光地でありがちな商売ですannoy

広場の中にはレーニン廊、隣にはグム百貨店、奥には聖ワシリー大聖堂が見えます。

8/16モスクワを旅する①

残念ながらレーニン廊はなんか各国の民族舞踊のイベントがあるらしく、広場はイベ
ントの準備中でレーニン廊には近づけませんでした。

8/16モスクワを旅する①

8/16モスクワを旅する①

そして聖ワシリー大聖堂へ。
ここでなんと世界陸上で来てた中井美穂さんを見かけました!happy02happy02

女性2人の方と一緒にBOSCOの大きな紙袋を持って楽しそうに歩いてました。
顔がめっちゃ小さくてビックリhappy02です。完全プライベートっぽい感じでした。

聖ワシリー大聖堂は思ったより小さくて、サンクトの方が見ごたえがあったように思
えました。
でもカラフルで玉ねぎ頭の教会はとてもかわいいですwink

8/16モスクワを旅する①

8/16モスクワを旅する①

8/16モスクワを旅する①

そしてお土産を見に「グム百貨店」へ。

8/16モスクワを旅する①

8/16モスクワを旅する①

私達もBOSCOへ。そこでBOSCO限定のチェブと発見!そしてソチオリンピッ
クキャラクターのくまさんもゲットしましたlovely
新しい仲間を日本に連れて帰りますlovely

8/16モスクワを旅する①

食料品店もあって色々購入。紅茶やお菓子やはちみつをお土産にしました。

少し喉を潤してそろそろknockさんとはお別れの時間ですweepweepweep

8/16モスクワを旅する①

8/16モスクワを旅する①

4日間knockさんにはお世話になりっぱなしbearing

knockさん無しではロシアの旅行なんて行けませんでした。
今回もとっても楽しかったですhappy01

今回は少しはロシアに勝てたかな???coldsweats01
本当にありがとうsign01お互い残りの旅行無事に過ごしてまた日本で会いましょ
sign01sign01sign01

2013年8月15日 (木)

8/15モスクワを旅する③

そして次はロシアには珍しくいわゆる「ミッドセンチュリーのアンティークショッ
プ」へ。
「アンティーク=ミリタリーショップ」のロシアなので正直期待していなかっただけ
に店内はテンションのあがる品々が!
ミーシャの大きな陶器の置物などもあって、古着やバックや小物類が多くあるお店
で、knockさんも絶賛happy02heart04のお店でした。

またそこからウロウロしているといい感じの建物があるのでパチリ!
knockさんが「これってタス通信じゃない?」とeye
そう今はなきタス通信なのです。今は名前が変わり「イタルタス通信」としてこの建
物で継承しているそうです。

8/15モスクワを旅する③

これだけあれやこれや行ってるとノドもカラカラ、おなかもペコペコなので、
アルバート通りへ。
ここはもうメインストリートで観光客いっぱいのいわゆる心斎橋的なストリート。
お土産もいっぱいあります。
私はお目当てのスタバのロシア限定タンブラーです。有名な赤のタンブラーの横に青
のタンブラーがあったので
ひねくれ者の私はこちらを購入。

8/15モスクワを旅する③

おなかもすいたので少しわき道を入ったお店へ。
お客さんもいっぱいだったのでワクワクです。

二人ともノドが乾いていたせいかビール一気飲み。

料理もパクパク。
写真も撮り忘れるほどです(汗)

8/15モスクワを旅する③


アルバート通りの終点が「⑦ロシア外務省」
夕日に輝いてより一層美しく輝いていますshine
実際見てとても感動したhappy02建物です。
シンプルでどーんとした建物ですがとても存在感があります。
シンプルだからこそ真ん中のソ連の象徴「鎌と槌と稲穂」は印象的です。

8/15モスクワを旅する③

これで1日でセブンシスターズ制覇です。パチパチパチ!!!!happy02happy02happy02happy02
実は8番目の建物があるらしいですが、途中で中止になったそうで幻のスターリンゴ
シックがあるそうです。
これは郊外にあるようなので見にいけませんでしたがちょっと気になってま
す・・・・coldsweats01

8/15モスクワを旅する③

ちなみにホテル「イズマイロヴォ ガンマデルタ」

8/15モスクワを旅する③

今日も爆睡なりsleepysleepysleepysleepy

8/15モスクワを旅する②

雀が丘下車して「④モスクワ大学」へ
船着き場からケーブルカーに乗って雀が丘に行こうとしたら、今日に限ってケーブル
カーの故障で運休!crying
かなり迷ったあげく山を登っていくことに。
日頃の運動不足が堪えます・・・心臓が爆発するかと思うような急斜面を登っていき
ました・・・・sad
そして目の前にはロシアの最高学府「モスクワ大学」sign03
なんと両端の建物は学生寮!モスクワ大学の生徒はここに住んでいるのです!!!
とにかくデカイ!!!!高さ235m!!!カメラのフレームに収まりきれない大きさで
す。

Rimg0928_2

デカイデカイと大騒ぎした「あべのハルカス」は300mです。
そう思うと70年前近くの技術でこの荘厳な佇まいの建物を作り出したわけですから当
時の技術力に感心します。
てっぺんの星なんて実際どのくらいの大きさなんだろうと思ってしまいます。
セブンシスターズのNo1建築とあって素晴らしい!の一言です。

8/15モスクワを旅する②

knockさんもモスクワ大学に圧倒!

8/15モスクワを旅する②

またあの山を降りるのが嫌で予定していた船で行かずに、イチかバチかでバスでキエ
フ駅へ。
乗り方がわからず乗ったので運転手さんにキレられる始末。トホホ・・・・

無事キエフ駅に到着!
「⑤ウクライナホテル」へ
資本が変わって今はラディソンブルーホテルです。
ここに泊まってみるのもいいかもしれません。
そしてウクライナホテルの川を挟んだ向かいには、1993年にエリツィンが大砲をぶち込んで
炎上したホワイトハウスことロシア連邦内閣ビルがあります。

Rimg0938_2


そして地下鉄で「⑥文化人アパート」へ
映画に登場してたそうで、どうしても間近いで見たいとknockさんが言ってたので写
真取りまくりです。
彫刻が多くてドアのデザインがバランスがよくて美しいです!
味のある建物です。今も人気のアパートで多くの方が住んでいるそうです。カッコイ
イ!!!

8/15モスクワを旅する②

8/15モスクワを旅する②

8/15モスクワを旅する②

8/15モスクワを旅する①

結構ギリギリの7時前に起きてあわてて洗面やら朝食を済ませてペテルブルク駅に到
着です。

Rimg0864

Rimg0867_2


8/15モスクワを旅する①

8/15モスクワを旅する①

レニングラード駅到着時のBGM(旅情感タップリです!)

Москва. (Олег Газманов)
YouTube: Москва. (Олег Газманов)

サンクトとは違い人も多くて、モスクワは結構ゴチャゴチャした感じがしました。
そしてペテルブルク駅を出ると右手になんとセブンシスターズの「ロシア連邦運輸機関建設省」「レニングラードホテル」が!!!!

8/15モスクワを旅する①

そして駅から15分ほど地下鉄に乗ってホテルへ。
いやぁ!朝のラッシュ時に大きなスーツケースを持って地下鉄に乗るのはきつい!
そしてエレベーターがなくちょっとした上下の移動が全て階段です。
もう汗だくでヒーヒー言いながらホテル「イズマイロヴォ ガンマデルタ」へ
ホテルも何棟もあって結局遠回りしながら重たいスーツケースをガラガラと引っ張っ
て到着。
やはりここにも大量の中国人観光客が!(驚)

チェックインはできないのでとりあえずスーツケースを預けて「ベルニサージュ」
へ。

8/15モスクワを旅する①

お土産屋さんの市場だけど、残念ながら平日なので開店してるお店も少なく、アン
ティークお店も開いてなかった・・・
でもピンバッチのお店を見つけて物色。
正直ベルリンの蚤の市での恐ろしい価格を知っているだけにこの店も高く感じてし
まった。
でもいくつかかわいいピンバッチがあったのでおじさんにマケてもらいました。

8/15モスクワを旅する①

8/15モスクワを旅する①

モスクワの地下鉄。交差していて天井に飛び乗れそう!?

8/15モスクワを旅する①

そしてメイン観光地「スターリンゴシック建築(セブンシスターズ)」巡りへ。
なんでモスクワ来ていきなりセブンシスターズやねんって感じですが、もうあのス
ターリン時代にしかできない
モスクワの戦後復興を象徴した社会主義の明るい未来を表現するかのような常軌を逸
する建築群です。

今回この7つを制覇したくて効率的な交通ルートにかなり苦労しましたが、やはりど
うしても5つしか回れませんでしたが、
なんとペテルブルク駅で遠くに見えたとはいえ、当初予定していなかった「①ロシア
連邦運輸機関建設省」「②レニングラードホテル」を見れたのでテンションUPで
す!!!!



また滞在時間の少ないモスクワを楽しみたいのでモスクワ川クルーズに乗車しまし
た。

8/15モスクワを旅する①


「③芸術家アパート」(船上より)
くの字に曲がった建物で船からとても綺麗に見えます。

Rimg0898 Rimg0903_5

8/15モスクワを旅する①

途中クレムリンも見えます。

8/15モスクワを旅する①

8/15モスクワを旅する①

そして開催中の「世界陸上」のスタジアムです。

8/15モスクワを旅する①

8/14赤い矢号に乗ってモスクワへ。

さて、私のこの旅の目的の一つ「赤い矢号」に乗ってモスクワへ行きます。
St.pet(モスクワ駅)23:55→Mos(ペテルブルク駅)8:00に到着します。

モスクワ駅は少々独特の雰囲気。
あまりふざけたことや撮影もできない雰囲気・・・・think
警官?らしき人も多くてまだ共産主義のなごりを感じさせます。
日本人客も多く見かけました。

シベリア鉄道の教訓で正直高いですが1等車にしました。2等だと4名のコンパートメ
ントで相席だからです。
(シベリア鉄道での悲劇crying→ シベリア鉄道での悲劇①   シベリア鉄道での悲劇②  )

ロシア独特のシステム車両ごとに車掌さんがいて検札し、他の車両に行き来できませ
ん。

8/14赤い矢号に乗ってモスクワへ。

シベリア鉄道とは違い、車内も明るくて最近の車両。
でもこの赤のカーテンはロシアの雰囲気です。

8/14赤い矢号に乗ってモスクワへ。

またテーブルには朝食と飲み物とノベルティが。
特に鉄子の私はこういうロシア鉄道グッズには惹かれてしまいます!

8/14赤い矢号に乗ってモスクワへ。

8/14赤い矢号に乗ってモスクワへ。

相変わらず時間になるとスーーっと出発してしまいます。

ビールと柿の種をアテにしばし、今日のゼーニャ君ネタで盛り上がってました。
食事やお土産のパンフレットも置いてて色々友達のお土産にどれにしようか迷ってい
るとしばらくすると売り子さんがやってきます。
現物を持ってきてあれやこれやとススメてきます。
私はロシア鉄道ロゴ入りの紅茶を飲むグラスに惹かれたので買いましたが、
1等車に乗っているから金持ちに見られているのか、しつこいぐらいススメてきま
す。
正直質の割りに高いので断り続けてしまうとちょっと不機嫌になってしまいましたcoldsweats01

8/14赤い矢号に乗ってモスクワへ。

室内は快適でベッドは狭いですが、しっかり体を休めることができて、すぐに二人とも
爆睡してしまいましたsleepysleepysleepysleepy